地球上の人類文明に今まで登場した交易品、交換の品や貿易品として扱われる産物の種類とその詳細について研究してまとめるwikiです。一応認証制ですが申請すればどなたでも編集できます。交易品の名前で引いて一発で出てくる、そんな事典を目指しています。

タグ検索で貿易7件見つかりました。

四大元素と、金属の属性、それから交易相場について

マルセイユ、ボルドー、ハンブルクなんかの貿易港は男性型(火と水の南西の方角からの風の恵みを受けやすい土地で、港に属性を割り振った場合でも火・水・大地など火と水が付くことが多い)で、ピサ・ヴェネツィア・ナポリ・イスタンブール・ナント・ロンドン・アムステルダム・ダンツィヒなどのどちらかといえば貿易というよりかは文化・芸術都市では、属性を割り振ると火・風・大地の場合が多くその都市の性質からしても女性型の都市が多く、風向きで見ても風・大地の北東の方角からの風の恵みを受けやすい(上記にある通り四大元素の属性は金属な…

https://tradegoods-manufacture.chronicle.wiki/d/%b... - 2017年12月11日更新

トップページ

信用・先物取引については交易というよりは貿易(交易が政治的・経済的理由で行われたもの)で利用されることが多いが、銀行あってこそのもので金融取引そのものである。基本的に交易と呼ばれるものは、1と2などのモノやあるいは貨幣などの兌換機能を通じてモノを交換することを指しており、根源的には物品の交換に他ならない。物品が不足する理由は、単純に地方によって[[需給バランス]]、生産能力に差があるから、である。生産能力はその地形や地勢による影響を多分に受けるため、その地方ごとに物品の供給の差異や生産能力に差が出るのは、…

https://tradegoods-manufacture.chronicle.wiki/d/%a... - 2017年10月07日更新

兌換機能とは

兌換機能とは、交易やあるいは取引において物と物の交換をする際に物としての価値を代替するもの、または価値を一定程度貨幣などに置き換えることによって物と物の交換の仲立ちをすること、あるいはそのものを指す。貨幣などが主にそうであり、兌換機能としては主に銀貨・銅貨などが使われる。また金貨も兌換として用いられるがどちらかといえば物の価値よりも所有権や債権などの情報空間的な価値の交換に用いられることが多い。ちなみに、兌換機能あるいは資産としてのMoneyとCurrencyは違い、前者マネーは資産的な扱い方のできる兌換…

https://tradegoods-manufacture.chronicle.wiki/d/%d... - 2016年12月08日更新

交易

交易とは、 [[:Tags:交易]]…

https://tradegoods-manufacture.chronicle.wiki/d/%b... - 2016年12月08日更新

交易相場の秘訣-最初から今まで-

ことができるわけですし、もし、そこが世界貿易的に見て重要な地域であれば、当然、その地域からあげくには世界をコントロールできでしまうことになるわけなのです。まぁ、これが近代の市場経済的グローバリストなどの典型的な、というかもっとも基本的なやり口、なのですが、まぁここでそれにとやかく言うつもりはありませんが、とにかく交易相場、そしてそこで起こるフラグ(出来事)をコントロールできてしまえば、誰でもその交易相場、あるいはその市場をコントロールしてしまうことが、可能になるわけです。まぁ、こういうと大抵の人は空恐ろし…

https://tradegoods-manufacture.chronicle.wiki/d/%b... - 2016年11月29日更新

交易品の錬金術的位置付けとその分類、あるいは指向性

グローバル・トレードサークル(世界規模の貿易圏)といったように段階的にというか階層的に交易圏が分かれていて、しかもそれはそもそもサークルが違うと生産と交易の関係がまるっきり逆転したり、需給の性質からしてもそもそも全くバランスの違うものとなっている、のです。これらのことからいうと、錬金術的特質など、そもそも交易の原理とは何か、というところから問い直そうとすると、やはりより地域的な、インナーサークル、つまり内回り的交易圏レベルのローカルな産業圏から考えないと、そもそも証明が不可能になってしまいますし、逆にまと…

https://tradegoods-manufacture.chronicle.wiki/d/%b... - 2016年11月28日更新

流通価格と末端価格

。実際、この稿では中世・近世以来の交易や貿易、あるいはそのシミュレーションの例で語っていますがそもそも大量の交易品の流通そのものに、かなりのコストがかかるのに中間業者がまるで存在しないような語り口で中間マージンを取り過ぎる奴が悪い、のような半ば悪口の批判がなされるのはかなり間違っています。確かに、今の日本ではある種類の物品で中間マージンがかかり過ぎるのはむしろ組織的問題や官僚制度を始めとする腐敗や利権の癒着などが多いに関わっていることは確かです。ただ、この問題の本質としてはそもそもある程度大量に物品を流通…

https://tradegoods-manufacture.chronicle.wiki/d/%c... - 2016年06月05日更新

currency(2) row-material(1) wiki(1) この世の仕組み(1) まとめ(1) やりとり(1) インフレ(1) インフレーション(1) カルテル(1) ギルド(1) グルメ(1) グローバリスト(1) コミュニケーション(1) システム(1) ハーブティー(1) バランス(4) メカニズム(2) 亜麻(1) 一致論(1) 陰陽(1) 陰陽五行(1) 炎色反応(1) (1) 化学反応(1) 価格(1) 価格交渉(2) 価値(1) 貨幣(3) 概念(1) 概論(1) 株式(1) 関数(1) 基本原則(1) 貴金属(1) 協議による同意(2) (1) 金属(1) 金融(3) 金融商品(1) (1) 傾向(1) 経済(5) 原材料(1) 原始時代(1) 原料(1) 古典時代(1) 交易(7) 交易相場(2) 交易品(3) 交流(1) 工芸品(1) 構造論(1) 債券(1) 材料(1) 産業(2) 仕組み(1) 四大元素(5) 市場(2) 市場操作(1) 試行錯誤(1) 資産(1) 事前協議(2) 自然(2) 自然の恵み(1) 自然の循環(1) 自然科学(1) 手工業(1) 需要と供給(1) 周期(1) 習慣(1) 循環(1) 諸概念(1) 商取引(2) 商習慣(2) 象徴(1) (1) 情報(1) (1) (1) 食材(1) 食品(1) 人類行動学(1) 世界(1) 性質(1) 政策(1) 政治(2) 生活(1) 生活必需品(1) 生産(2) 生糸(1) 製造業(1) 積み荷(1) 戦略(1) 繊維(1) 遷移(1) 素材(1) 組み合わせ(1) 創造(1) 相場(4) 相性(1) 属性(5) 存在(1) 太古の昔(1) 大航海時代(1) 男性型・女性型(1) 地域間貿易(1) 中継貿易(1) 中世・近世ヨーロッパ(1) 通貨(3) 哲学(1) 投資(1) 等価交換の原理(1) 陶磁器(1) 動的平衡(2) 波長(1) 反応(1) 帆船(1) 汎用性(1) 物的平衡(1) 物流(2) 分類(1) 文化(1) 文明(1) 平均価格(2) 宝石(1) 貿易(7) (1) 綿花(1) 毛織物(1) 羊毛(1) 流通(3) 料理(1) 量産(1) 錬金術(3) 兌換(1)

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!