地球上の人類文明に今まで登場した交易品、交換の品や貿易品として扱われる産物の種類とその詳細について研究してまとめるwikiです。一応認証制ですが申請すればどなたでも編集できます。交易品の名前で引いて一発で出てくる、そんな事典を目指しています。

兌換機能とは、交易やあるいは取引において物と物の交換をする際に物としての価値を代替するもの、または価値を一定程度貨幣などに置き換えることによって物と物の交換の仲立ちをすること、あるいはそのものを指す。貨幣などが主にそうであり、兌換機能としては主に銀貨・銅貨などが使われる。また金貨も兌換として用いられるがどちらかといえば物の価値よりも所有権や債権などの情報空間的な価値の交換に用いられることが多い。ちなみに、兌換機能あるいは資産としてのMoneyとCurrencyは違い、前者マネーは資産的な扱い方のできる兌換機能のことを指しており、後者カレンシーは兌換機能重視で資産としての価値はあまりないもの(紙幣の場合はほとんどない)でいわゆる通貨、である。前者には金貨などが該当し、後者には銀貨・銅貨・紙幣などが該当する。それそのものが資産としての価値を持つMoneyと兌換機能に徹しているCurrencyとは定義の違うものであり、経済的にも物としての質は違うものである。MoneyとCurrencyでは貴金属としての価値の違いでそもそも使われ方が分かれた一方、兌換機能としては共通しており、そこは人類が長い歴史上である程度共通する価値を見出した、証でもある。通貨としての貨幣においては、概して一個の物よりも資産価値情報的なもののほうが根本的に価値が高いからであり、人間における情報の重要性を表している他、物の価値が兌換の手法にも影響を与える好例ともいえる。また前述の通り金貨など兌換機能そのものが資産的価値を持つことも多くあり、経済、物の物流間での特にステータス的情報的価値の比重の大きさが如何ようにも窺える。兌換機能とはただ物の価値を置き換えて交換の仲立ちをしていればいいかというとそうではなく、それそのものが一定の価値を持って経済に資する必要性があることも重要視されるべきである。故に兌換機能あるいは貨幣には基本的に金貨・銀貨・銅貨などそれ素材そのものが一定的経済的価値があるものが多く使われることが多い。また産業革命期以後の世界では急速に経済の膨張が進んだので、結果として兌換貨幣のその素材の価値だけでは経済的インフレーションをリペイするだけには足らず紙幣や債券などが本格的に登場することによって経済的な膨張、インフレをリダクション(減らす、減衰させる)する流れになった。それ以後の世界ではもう実体貨幣がその素材の価値で経済インフレをペイするには飽き足らず貨幣へのその他金属の導入や紙幣の増加などによって経済的インフレを消化、つまり経済が回るようになった。兌換機能とはただ物の価値を代替するにあらず、それそのものが経済的価値を持つことによって経済の成長を後押ししたと覚えておくべきである。


関連概念タグ

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

交易品大全

交易品事典に関する手引き

四大元素別交易品索引

Prima materia

  • ページ2.5?

交易品カテゴリ

一般奢侈品・贅沢品?

高級奢侈品・希少取り扱い輸入品?

債権・金融商品?

交易品大全

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
編集者・共同研究者・参加者等お待ちしております。
編集への参加は認証(要SeesaaID・無料)が必要です。読者の方はコメント欄や掲示板などで。共同研究者としても大歓迎です。興味があれば特に条件等ありません。