地球上の人類文明に今まで登場した交易品、交換の品や貿易品として扱われる産物の種類とその詳細について研究してまとめるwikiです。一応認証制ですが申請すればどなたでも編集できます。交易品の名前で引いて一発で出てくる、そんな事典を目指しています。

工業品は工業生産品のうちすなわち鉱業・林業・採掘業あるいは一部の採取精製業などから得られる産物を総合的に指して云う。採取精製業はここではピッチや石油などの大昔は植物でも分類上一応鉱物資源である場合が多いが、鉱業は鉱物資源、林業は木材やタールなどの森林資源の伐採・採取、採掘業も大きく分類すれば鉱業に入るともいえるのだがここでは細かく見て石材や大理石、その他貴石や地中埋蔵資源などから得られる産物で成り立つ産業を指し、またそれから得られる産物をここでは広範に工業品と云う。鉱業に関してはまぁ鉱物資源であるし鉄や銅、スズなどの鉱石といえば分かりやすいであろうが林業の場合は中世・近世においては重要な船舶材料であった木材、それから船材の塗装などに使うタール、またはツタや植物の繊維など場合によっては森林で採取できるものほとんどすべてを指す場合もある。採掘業は石材・大理石などの建材はまだしも貴石や地中埋蔵資源などの鉱物を採取する点においては鉱業と似通ったものがあるが、鉱業は多くの場合鉄や銅、スズなどの卑金属であるし採掘業の場合は貴石やその他地中埋蔵資源、つまり現代でいうレアメタルなどのことも指しているのであるが広範な採掘業であるため場合によっては貴金属など原石の採掘を指す場合もあるこの場合は採取精製業ともかぶるところが多いのだが鉱業は卑金属、石材以外の採掘業は希少金属や貴金属、あるいは宝石の原石を採掘するものも多いということは言っておかなければならないだろう。ただ、貴金属や宝石の場合は原産物が鉱石でも交易品の分類上は貴金属や宝石などの高級品に属するため、基本的にはその産物的価値からいって鉱業や採掘業とは分けて考えたほうがよいだろう。ただ採掘業はそれら貴金属や宝石の親玉でもあるわけでその点産業の分類としては同じムジナの元で配慮しなければならないが交易品の分類上は貴金属・宝石類などの高級品に属するとまず知っておいてもらいたい。工業品はあらゆる時代で産業を下支えするという点においては右に出るものがないものでもあるのだが、同時にその仕組みと構造からしてもっとも産業構造的に変化が起こりにくく、また変化が起これば大きく世の中が変わるものでもあるということはまず言っておかなければならない。ちなみに、鉄や銅などの鉱業に代表される場合が多い通り工業は四大元素的にいって火と大地の属性に代表される場合が多いということは知っておいて損ではないだろう。またそれらの加工には風と水が不可欠、なのである。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

交易品大全

交易品事典に関する手引き

四大元素別交易品索引

Prima materia

  • ページ2.5?

交易品カテゴリ

一般奢侈品・贅沢品?

高級奢侈品・希少取り扱い輸入品?

債権・金融商品?

交易品大全

開くメニュー

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム
【メニュー編集】

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
編集者・共同研究者・参加者等お待ちしております。
編集への参加は認証(要SeesaaID・無料)が必要です。読者の方はコメント欄や掲示板などで。共同研究者としても大歓迎です。興味があれば特に条件等ありません。